東大阪市の不動産情報、売却・購入・賃貸・相談ならサム・エステイトへ

物件囲い込みに関するメディア記事

  • HOME »
  • 物件囲い込みに関するメディア記事

不動産仲介業者による物件囲い込みは、今や大きな問題になっています。

テレビやラジオそれに雑誌でも「物件囲い込み」に関しての記事が出るようになりました。

物件囲い込み対策としても、担当者にレインズに登録するよう「釘をさす」方法や購入希望客として依頼会社に物件確認をするという方法が紹介されていました。

その中でも目を引く記事がありました。

2015年4月13日の記事

大手不動産仲介各社による宅地建物取引業法違反とみられる行為の数々が記録されたデータが、業界の一部で出回り始めている。本誌では同データを独自に入手した。今後、不正行為の実態が明るみに出れば、各社に厳しい処分が下される可能性もある。「あのデータが表に出たら不動産業界は大変なことになるだろう」ある不動産会社の幹部がそうささやくデータが、一部の業界関係者の間に出回り始めている。不動産仲介各社による「物件の囲い込み」と呼ばれる不正行為の実態を調査したレポートだ。業界でまかり通る不動産取引の悪弊を憂いた有志関係者がまとめたとみられる。このレポート、結論からいえば、大手各社の信じ難い不正の数々が克明に記録されている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部より引用)

記事に掲載していた具体的な物件囲い込みのやり取りを例示すると

不動産仲介会社役「物件確認なんですが、○○○(物件名)なんですけど……」
支店担当者「あ~、話入ってます(=すでに交渉中です)」
それから16分後、今度は一般客のふりをして同店に電話してのやりとりは以下の通りだ。
一般客役「ホームページで見たんですが、○○○(物件名)って今は空いているでしょうか?」
支店担当者「ご紹介可能です」
一般客役「あ、本当ですか」
支店担当者「まだ内覧した人は一人もいないので、今週末から内覧可能です」

っとこのようなことが記事にありました。

実際このようなことは、当社も幾度となく経験しています。

「商談中」、「契約予定」、「契約中」と様々な囲い込みの言い方があります。

このような物件の囲い込みをなくすには法による両手取引の禁止を明確化するなどの実施が必要なのではと思います。

不動産業界も変わらなくてはならない時期に来たのではないでしょうか。

お気軽に中山までお問い合わせください。 TEL 06-6783-7123 受付時間 10:00~18:00(水曜日曜祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社サム・エステイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.